うずらを1つ 富士山旅行記Part1

  • 2020年3月6日
  • 2020年3月9日
  • コラム
  • 5view

ぴぴぽっぽー!

コロナに負けず、河口湖へ旅行に行ってきました!

ads

いい天気で富士山もキレイ!

いやーいい天気!

富士山もキレイ!目の前だとやっぱり大きい!

すいてる!・・・しかし、

このご時世なので、すごくすいている印象でした。

こりゃいいや!と思ったのですが、

ががーん!

そりゃそうだよね。

行きたかった富士山世界遺産センターも休館。

オマケに富士急も。

まあ、開いてるところでなんとか楽しもう!

有名な炉ばた焼のお店に

富士山世界遺産センターの近くに

雰囲気のよい炉ばた焼きのお店がありました。

いいでしょ

これは楽しみ!

河口湖グルメ No.2!「山麓園」

11時過ぎに入ったので、まだお客さんは誰もいませんでした。

しかし、出る頃にはかなりのお客さんが!

あとで調べたらこの「山麓園」。

河口湖周辺では食べログも2位!

かなりの有名店でした。

自分で串を置いて焼きます

軍手を片方もらい、それを付けて網にうまく串を載せます

店員のお兄さんは素手でやっていたので、

真似したら、

あちちちち!

素人はしっかりと軍手つけましょう。

うずらとイカ

コースの中には、選べる具材があって、

「うずらとイカどちらにしますか?」

と聞かれました。

うずらといえば、あの小さい卵が何個かささってるものだと思ったので、

「じゃあうずらで」

と言ったのですが、

「うずらは親鳥をそのまま開いたものですがいいですか?」

??

!!!

なんと!うずらの「鳥」の方だとは!

これは鳥マニアとしてはいただくしかない!

「うずらでお願いします!」

うずら登場

ああー

なんとあられもない姿に!

部位がよくわかってしまいます・・・

でも、こうなった以上は美味しくいただこう!

美味しそう・・・

では、いただきます!

はぐぁっ!

・・・

・・・

やられました。

・・・

・・・

歯グキ。

うずらの羽が思い切り刺さりました・・・

ううっ。

ごめんよ、うずら。

夫が全部食べました

戦意喪失したので、あとは夫に全部あげました。

よく焼いたら骨ごと食べれると言われたのですが、

バリバリ・・・

ゴリゴリゴリ・・・

んんー!!

食べるのにかなり奮闘している夫でした。

とてもおすすめ!また来たいです

ちょいハプニングはあったものの

自分で焼くのでかなり楽しいし

なにより美味しい炉端焼きが美味しい!

最後にほうとう鍋もついているので

ボリューム満点です。

是非近くへ来たら行ってみてください!

次回はイカかな・・・

ろばた料理 山麓園

河口湖駅から歩いて15分ほど、飛騨の古豪の邸宅を先代が移築してきたという築150年の重厚な古民家は、外国人も多く訪れるろばた料理のお店です。お料理は、ニジマスやイカ、合鴨、猪豚、甲州牛や田楽、とうもろこしやシイタケ、ネギなどの野菜串などが並ぶ5つのコース。食事の最後にはほうとう鍋を火にかけて、ぐつぐつ煮立ったところをいただきます。ケヤキ材を多用し、古い民具や骨董品が置かれて時が止まったかのような店内は、とても雰囲気があります。大広間もあり、結婚式やイベントにも利用されています。

https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/eat/p_8359.html
ads
最新情報をチェックしよう!

コラムの最新記事8件